50歳からED治療薬を使って子作りに励む

潤いが不十分で性交時に激しい痛みを伴う場合

膣潤滑液の分泌が不十分で性交時に痛みを感じる女性は、かなりの数でいます。

 

特に、ホルモンの分泌が不足が原因で、膣内にカビが発生する体質(カンジダ膣炎等)の方はそうなりやすいです。

 

これについては、感染を押さえる治療薬がありますので、医師に処方してもうらか通販で購入されるとよいです。

 

また、挿入時にゼリーを塗ってすると痛みが軽くなることが多いです。

 

私の妻がこの症状ですので、治療薬とゼリーを使っています。

 

 ↓    ↓     ↓

女性不妊治療薬

 

ただ、こうした薬品などは一時的に効果があるだけなので、本質的な改善にはなりません。

 

痛みを感じるのは、膣の入り口にある筋肉がペニスの挿入に対して柔軟に対応できないためですので、筋肉を鍛えることが最も効果的です。

 

私の妻は、ヨガを始めて膣入口の筋肉が鍛えられたのか、半年〜1年たってほとんど挿入時の痛みを感じなくなりました。

内分泌排卵因子

内分泌排卵因子は、女性にみられる不妊症の大部分がそうです。

 

健康な卵子は、女性ホルモンのはたらきにより発育成熟して排卵されますが、この過程に問題があり。卵子が正常に発育して排卵されないことを、内分泌排卵因子と言います。

 

仮に排卵されたとしても良好な卵子に育っていないため受精できないことが多いです。

 

内分泌排卵因子のその他の症状として、卵子の発育・排卵に問題があるため、無月経や月経異常などのトラブルをともなうことが多く、生理がない、あるいは生理不順になりやすくなります。

 

内分泌排卵因子の原因としては、無理なダイエットや強いストレスのほか、精神安定剤や胃薬の常用が挙げられます。

 

改善するためには、無理なダイエットや薬物の服用をやめ、ストレス解消できるように体を動かしたり体質改善をすることが大切です。

 

ストレス解消、体質改善については、ふだんの食事や運動なども関係してきますので、是非こちらをご参考にしてみてください。

 

    ↓     ↓      ↓

自然妊娠に成功する方法

卵管因子

卵管因子とは、卵管の異常によって卵子が搬送されなくなるトラブルのことです。

 

卵管は、卵子と精子の通り道になって受精する場所ですので、正常な妊娠に欠かせない器官です。

 

しかし、何らかの原因で卵管が閉じてしまうと、精子や卵子が通れなくなり、正常に受精できなくなってしまいます。

 

卵管が閉塞する原因はいろいろありますが、最も多いのが性病のひとつであるクラミジアです。

 

クラミジアに感染して反復炎症が起こると、卵管やその周囲が癒着してしまい、卵管が徐々に閉じてしまいます。

 

卵管の癒着は受精そのものを妨げるほか、卵巣の機能にも悪影響を及ぼし、不妊症の悪循環に陥ることがあります。

 

これについては、治療によって完治する場合、体外受精や顕微受精によって妊娠が可能な場合もありますので、専門の産婦人科医に相談してください。

子宮因子

正常な妊娠の場合、卵子と精子が受精すると子宮腔に運ばれ、着床が行われます。

 

しかし、子宮内に精子が侵入できなかったり、受精卵の着床時にトラブルが起きてしまうと、着床がうまくいかず、不妊症の原因となります。

 

具体的な子宮因子としては、子宮筋腫や子宮内膜症子宮内膜ポリープ子宮奇形などが挙げられます。

 

また、子宮頸部に問題がある場合にも、受精することができずに、不妊症となる場合があります。

 

これについては、卵管因子と同様、治療や手術で完治する場合、体外受精や顕微受精によって妊娠が可能な場合もありますので、専門の産婦人科医に相談してください。